カシオの店舗や飲食店ではレンタルおしぼりを有効活用

飲食店のおしぼり

これから飲食店を開業しようと思っている人は、色々と備品を用意していくことが求められますが、その中でもとても重要な位置になるのがおしぼりをどうするかです。 最近は、貸しおしぼりを導入している飲食店もあれば、経費を削減するために紙おしぼりを提供したり、出さないところもあるようです。 お客側からすれば、貸しおしぼりをしっかり提供してくれるお店を利用したほうが気持ちが良いです。ですから、費用的になんとかなるようであれば、貸しおしぼり利用がベストです。 貸しおしぼりの平均的な価格帯ですが、たいてい500本とか1000本とかの基本料金があり、それから追加の場合は1本あたりいくら追加という感じです。 月に500本程度なら1万円もかからないでしょう。

景気がとても豊かだったときは、喫茶店や外食等をする人も多く、多くの飲食店がかなり繁盛していたのですが、だんだんと景気が厳しくなると、飲食店もかなり大変になってきているのが現状です。 そして、どこの飲食店でもかなりにぎわっていたころは、それほど貸しおしぼりの単価のことを気にしない店主もいましたが、景気が悪くなると貸しおしぼりの費用を気にするようになり、業者に値引き交渉をするケースも結構あったのです。 そんな影響もあって、借りるのにもっとも高かった時代に比べると、貸しおしぼりの料金体系は確実に下がっているといえるでしょう。 単価的にかなりリーズナブルになっているのは事実ですから、逆にお店側も利用して損はないです。